リバウンドとは

ダイエット後のリバウンドで悩まされている方は多くいるのではないでしょうか.

今回は,そんなリバウンドのメカニズムについて書いていきたいと思います.

リバウンドはなぜ起こるの?

リバウンドは,耐糖能の低下によるインスリン分泌機能低下感受性の低下が原因と言われています.

耐糖能とは,食事を通して体内の中に入ってきた糖質(ブドウ糖)を処理する能力のことで,血糖値を下げるためのインスリンが正常に働いているかを示したものです.

ダイエットを行うための食事制限(カロリー制限=糖質の量も減らす)を行うことで,耐糖能が低下し,ダイエットを終えて普通食に戻したときの血液中の糖質を十分に処理しきれないことから,余った糖質が体脂肪に回ってしまうメカニズムになっています.

これがリバウンドの真実です.

リバウンドを防ぐには?

リバウンドを防ぐために一番大切なことは,インスリンの働きを回復(血糖値を下げる=血液中の糖質を回収)させてあげることです.

具体的な方法としては,ダイエットを終えて普通食に戻す時に低GI食(玄米,多穀米など)を食べると良いです!!

理由は,インスリンを徐々に回復させることが出来るからです.

インスリンの働きを素早く回復させないと,血液中の糖質を処理しきれずに体脂肪になるんじゃないの?と思われた方もいると思います.

ダイエットの為の食事制限(カロリー制限)を行うことで,インスリンの働きが悪くなることから,普通食に戻した時にすぐにインスリンの働き(血液中の糖質を回収)が正常に働いてくれないのです.

つまり,インスリンの働き(血液中の糖質を回収)よりも血液中の糖質の量が多いということです.

したがって,普通食に戻したときのドカ食い(糖質を大量に摂る)は,インスリンの働きが正常に分泌される前に血液中に多くの糖質が入ってくることから,インスリンが全て処理しきれない=余った糖質が体脂肪に=リバウンド

なので,普通食のポイントはインスリンを徐々に回復させてあげることです.

最後まで読んでいただきありがとうございます.

いいねやシェアしていただけると嬉しいです( ´∀`)

パーソナル指導のご依頼は下記リンクから⬇︎

参考記事

https://ameblo.jp/doronjo7/entry-10278190335.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください