パチンコ業界の売上向上戦略

先日,車の道中にふと感じたことを書いていきたいと思います.

パチンコ店がお客様に提供するうれしさとは??

男性なら一度はパチンコをした事があると思います.

パチンコ店の広告といえば「新台が入りました」「新イベント実施中」を謳った広告が多いと思います.

果たして,本当にそれがお客様にとっての価値なのでしょうか??

もし,私がパチンコ店のオーナーだとしたら「今週の売り上げた人・台BEST3」を数値化して打ち出すと思います.

理由は,パチンコ店に行くお客様は,イベントや新台に価値(うれしさ)を感じているのではなく,自分にどれだけの利益をもたらしてくれるのかに価値を感じているからです.

つまり,投じた金額よりもどれだけのリターンが返ってくるのか=自分にどのくらいのお金が入ってくるのかが重要であるという事です.

どんなに珍しい新台が入ろうが,どんなに大きなイベントを実施しようが,お客様の価値である「自分にどのくらいの利益をもたらしてくれるのか」を満たしてくれなければ意味がないのです.

なぜなら,損すると分かって行動する人はいないからです.

売り上げた人(台)BEST3を広告として打ち出すメリット

私がパチンコ店のオーナーだとしたら「今週の売り上げた人・台BEST3」を数値化して出すと上述しました.

このメリットは

・他店舗との差別化を図れる

・お客様に対しての直接的な価値提示

上の2点が挙げられます.

他店舗との差別化についてですが,パチンコの広告といえば,「新台が入りました」「新イベント実施中」のような広告が主な為,上記の広告を打ち出す事で,希少価値が高まります=他店にはない広告=お客様にも目が止まりやすい※模倣されてしまうと,希少価値は下がります

お客様に対しての直接的な価値提示については,お客様の価値である「自分にどのくらいの利益をもたらしてくれるのか」に対して数値化して打ち出す事で,より具体的な価値提供に繋がるからです.

つまり,ここのパチンコ店に行けば,これだけの金額が手に入るかもしれないというBefore(お客様が投じる金額)からAfter(お客様に返ってくる金額)がより明確になるという事です.

新台が入りました」「新イベント実施中」のような打ち出し方だと,お客様に対してどのくらいのお金が返ってくるのかの金額が曖昧なため,損するかもしれないという感情が強く働いてしまいます=Afterの不明瞭

したがって,損するかもしれないという感情を少なくさせる事が,お客様の認知行動関門の観点から,パチンコ経営に関して最も重要なのではないかと分析しています.

まとめ

お客様に対しての価値を考える(どんな嬉しさを求めているのか)

Before(行動する前)→After(行動した後)を明確にする

最後まで読んでいただきありがとうございます.

いいねやシェアして頂けると嬉しいです^ ^

⬇︎お仕事の依頼は下記からお願いします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください