天才になるには

今現在,理学療法士(国家資格)の資格取得を目指し専門学校に通っています.

在学中に気づいた事を書いていきたいと思います.

専門知識のみでは稼げない

理学療法士は,毎年約10,000人増えていると言われています.

さらに,医療費削減の国家の方向性により,理学療法士は必要ではないのではないかと言われているようです.

つまり,理学療法士は飽和状態になりつつあるという事です.

専門学校では,生理学や解剖学といった理学療法士に必要とされる専門知識を日々学んでいます.

とある人に,専門知識を一生懸命勉強すれば,立派な理学療法士になる事が出来,結果として,他の理学療法士との差別化を図る事ができ,稼げる理学療法士になれると言われました.

しかし,私は疑問を感じていました.

高めた専門知識が他の理学療法士との差別化を図る事ができ,結果として,お金を稼げるようになるのはイコールではないのではないかという事です.

理学療法士における患者様がお客様であり,高めた専門知識をお客様に価値として伝わらなければお金に反映されません.

つまり,いくら専門知識を高めたとしても,その価値をお客様に伝える能力(人間力やマーケティング力)がないと,お客様はその価値を感じ取る事ができないという事です.

もっと言えば,会社(病院)という組織に雇用されている以上,労働収入とビジネス収入の関係から大金を稼ぐ事は難しいと考えています.

稼げるようになるには

お笑い芸人兼実業家であるキングコングの西野亮廣氏が「本業で稼いだ時点でNo.1にはなれない」と言っています.

私は,この言葉をブルーオーシャン(絶対数の少ない市場)で戦う事がNo.1になる可能性が高まると解釈しています.

理学療法士における本業とは,患者様に治療という技術を提供し,その対価としてお金を頂くことです.

この技術という部分で,他の理学療法士との差別化を図る事はとても難しいです.

理由は,患者様が各理学療法士の技術の価値の差を実感しにくいからです.

今日の医学の分野では,DNS,PRI,FMS,SFMA,FRC,PNF,ボバース,マッケンジー法といった様々な理論があります.

これらは,どれも素晴らしい理論ではあると思いますが,専門知識というカテゴリー内の一つの手段にしか過ぎないのです.

もちろん,これらの専門知識を常に高める事は重要ですが,稼げる理学療法士になるには,他の視点を持つ事が大切なのではないかと考えています.

なぜなら,専門知識を高めている理学療法士の絶対数が多いからです.

つまり,マーケティング理論で言うところのレッドオーシャンという事です.

大切なのは,ブルーオーシャンで戦う事です.

例えば,皆が努力をしたら,イチロー選手のように野球が上手くなるのかと言えばそうではないですよね.

もちろん,プロ野球選手としての本業(野球が上手い=年俸が高い)でNo.1になれるのであれば素晴らしい事です!!

しかし,本業で大金を稼いでいるのは一握りです.

例えば,レッドオーシャン(患者様に治療技術を提供し,その対価としてのお金を頂く)ではなく,その医科学的知識を活かした初学者向けの指導者育成事業傷害予防のセミナー事業,オンラインサロンを使った一般の方向けの教育的事業といった絶対数の少ないブルーオーシャンで戦う方が勝ちやすくなります.

ロック歌手の矢沢永吉さんは,アーティストの本業であるCDの売上枚数だけではなく,YAZAWAタオルとコンサートの仕組みを利用して生計を立てるなどブルーオーシャンを駆使しています.

西野亮廣氏が運営されているスナック「キャンディー」もお客様の嘔吐による罰金制度で運営しているようです笑

アーティストならばCDの売り上げ枚数

飲食店ならば飲食での売り上げ

といった従来のレッドオーシャンでの戦いではなく,ブルーオーシャンで戦う事がNo.1になれる

つまり,稼げる人になるのではないかと考えています.

天才になる方法

元リクルートの藤原和博氏によると,1つの事に10,000時間費やせば100人に1人の逸材になれる,それをもう一つ増やせば100×100=10,000人に1人の天才になれると言っています.

つまり,強い武器を複数持っている方がレア度が高いという事です.

メジャーリーガーの大谷翔平選手がとてもいい例です.

彼よりも良い投手はいますし,良いバッターもいます.

けれども,打てる投げられるの2刀流部門では世界一でしょう!!

投手や野手だけならば,大谷翔平選手よりも価値の高い選手はいますが,2刀流の枠組みの中では唯一無二の存在になります.

天才です!!

まとめ

私がこの記事で伝えたい事は,専門知識を高めるのは当たり前の事であるが故に,その専門知識を活かせるブルーオーシャンを探し,行動を実行できる人が天才(稼げる理学療法士)になれる道であるという事です.

何かしらの努力は常に皆がしています.

その努力のベクトルの方向を変えてみたり,違ったベクトルを伸ばしてみたり,新しいベクトルを作ってみたりといった工夫できる人が,今後の社会において稼げる人になるのではないかと確信しています.

情報化社会において,検索をすれば大半の情報(一つの点)が手に入る時代になりました.

だからこそ,得た知識や情報を他者に伝える能力(線),つまり,知識や情報を分かりやすく発信する点と点を繋げる線の戦いになるのではないかと考えています.

皆が専門知識を学んだからといって,皆がNo.1の理学療法士になれるわけではなく,知識の差は各々必ずあります.

だからと言って,専門知識を高める事がNo.1になる近道だと言っている人はなんとなく違うのかなと感じています.

自分がNo.1になれる市場,つまりブルーオーシャンを探し,そこで戦う事こそが天才になる近道だと考えています.

コンサルのお仕事の依頼は下記からお願いします⬇︎

参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください