筋収縮の流れとは

①大脳皮質第一次運動野(第4野)の活動

②脊髄前角細胞からα運動神経の活動(錐体路)

③α運動神経の軸索を興奮が伝達

④α運動神経の終末部からアセチルコリンが放出=カルシウムイオンの流入

⑤神経筋接合部の筋側(終板)にあるアセチルコリン受容体がアセチルコリンを感知

⑥終版電位の発生(脱分極)=ナトリウムイオンの流入

⑦終版電位がある程度大きくなると、筋繊維膜状(筋鞘)活動電位が発生

⑧活動電位が筋繊維膜状を伝達すると同時に、T管を通して筋繊維内部まで活動が伝導

⑨T管(横行小管)に隣接する筋小胞体が刺激されてカルシウムイオンが筋繊維内に放出される

⑩筋小胞体から放出されたカルシウムイオンとトロポニンCが結合

11.トロポミオシンが移動し、アクチンとミオシンの結合を阻害しなくなる。ミオシンにATPが結合→加水分解によりADP変形(ミオシンATPアーゼ)→ミオシンの膨張

12.アクチンとミオシンが結合・解離を繰り返す→リンの解離=ミオシンの屈曲変形(筋収縮)

13.T管に活動電位が伝わらなくなると筋小胞体がカルシウムイオンを回収し、トロポミオシンが移動し、トロポニンが再びミオシンとアクチンの間に入り込む(筋弛緩)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください