ビタミンCが癌細胞を死滅させる

https://research-er.jp/articles/view/84143

↑のリンクを見てもらいたい!!

東京工科大学の研究チームが,血中のビタミンC(以下,VC)が癌細胞を除去したと報告している.

今やVCは,高濃度ビタミンC点滴療法(VCによる過酸化水素を発生させ,癌細胞を殺す)に応用されており,癌治療に対する外科手術や放射線療法,化学療法などの補助として用いられています.

また,VCによるコラーゲン強化作用は,癌転移を抑制する可能性も示唆されています.

高濃度でなくても癌細胞を除去させた

今回の研究の最大のポイントは,低濃度のVCにおける癌細胞の除去作用が見られたという点である.

人の身体は,癌細胞に対して過酸化水素一酸化窒素の働きにより除去されます.

今回の研究により,血中に存在する低濃度VC(70μM程度)が過酸化水素や一酸化窒素の働きを抑制するにもかかわらず,過酸化水素や一酸化窒素単独の場合よりも強く癌細胞を除去させたことを明らかにしました.

つまり,低濃度のVCが,過酸化水素や一酸化窒素と共存すると,効率的に癌細胞を除去できると考えられるのです.

最後までお読みいただきありがとうございます.

いいねやシェアしていただけると嬉しいです^ ^

仕事の依頼は下記リンクからお願いします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください