フォアフットロッカーとは

フォアフットロッカー(ロッカーファンクションの一種)は,TSt期に中足趾節関節を軸として重心を前下方に移動させる役割があり,歩幅の獲得に大きく影響します.

下腿三頭筋の遠心性収縮により下腿の前傾を制御している

TSt期にて,フォアフットロッカーが機能する事で,前方への推進力が増加し,遊脚側の歩幅の距離に大きく影響します.

反対に,フォアフットロッカーが機能しなければ,膝関節伸展位を保てず下腿が急激に前傾し,鉛直下方向(膝折れ)の落下速度が増大します※上図参照

つまり,前方推進力が低下する事を意味しており,遊脚側の歩幅が減少します.

歩幅が小さい時歩行速度が遅い時は,フォアフットロッカーが働いているのかを再度確認する事が重要になってきます.

もっとも,フォアフットロッカーの働いていない理由が,ヒールロッカー消失の可能性もあります.

歩行分析をする際は,ロッカーファンクションの有無を中心とした全体像を観察する事が重要になってきます.

最後までお読みいただきありがとうございます.

いいねやシェアしていただけると嬉しいです^ ^

仕事の依頼は下記リンクからお願いします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください