摂取カロリーを減らしても体脂肪が減らない理由

肝臓内に糖質が残っていると体脂肪は分解されない

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23939267

上のリンクは「筑波大学の研究グループが迷走神経肝臓枝を切断したところ,絶食による体脂肪の分解が減少した」という報告になります.

言い換えると「肝臓内にグリコーゲン(糖質)が残っていると,体脂肪の分解が抑制され」ということです※肝臓は,三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)を貯めこんでおり,必要な時にエネルギーとして血液に渡す機能があります

反対に,肝臓内のグリコーゲンを減らしておくと,体脂肪の分解が促進されたようです.

絶食をすると,体脂肪は分解されます.

絶食をする事で,肝臓内のグリコーゲン(糖質)が枯渇し,迷走神経肝臓枝を通り,脳に伝達されます.

そして,脳から「エネルギーをよこせ!!」というシグナルが脂肪に伝わり,体脂肪の分解が促進されます.

そこで,筑波大学の研究チームが「迷走神経肝臓枝を切断したら,肝臓からのシグナルが脳に伝達されないのでは?」という仮説が生まれたようです.

まとめ

体脂肪の分解は肝臓内のグリコーゲン(糖質)の量に影響されるということです.

摂取カロリーを減らしても体脂肪が減らないという方は,一日の糖質の食べる量を気にされてみるといいかもしれません.

最後までお読みいただきありがとうございます.

いいねやシェアしていただけると嬉しいです^ ^

仕事の依頼は下記リンクからお願いします.

合わせて読みたい

参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください