コミュニケーションとトレーナーの関係性

トレーナーとして専門力を高め続ける事は大切な事でありますが,それと同時にコミュニケーション能力も必須スキルとなってきます.

何故なら,トレーニング指導は人が人に指導をしているからです.

いくら博識であっても,人に伝える能力(コミュニケーション能力)が乏しければせっかくの博識も最大限に活かされない事でしょう.

トレーニングを受けている側が何か合わないなと感じてしまえば,トレーナーとの信頼関係も生まれにくいですし,結果としてトレーナーの価値も低くなってしまいます.

この本では,人に伝わらないのは共感がないからであると書いてあります.

例えて言えば,内輪話です.内輪話が盛り上がるのも共感を得ている人だけです.

トレーニング指導でも受けている側の事を考えた説明をしなければ,ただの自己満足になってしまいます.

日々高めてきた専門知識を最大限に活かす為にも,自分の指導を一度改めて客観視してみると良いかもしれませんね^ ^

P.S

共感という視点からお笑い番組を観ると,改めてお笑い芸人さんの凄さが分かります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください