腰椎の伸展と腰痛の関係性

前回は椎間板ヘルニア(腰椎の屈曲)についての記事を書きました.

今回は腰椎の伸展と腰痛についての腰痛シリーズ第二弾!!を書いていきたいと思います.

腰椎伸展の運動学

筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版より引用

腰椎の伸展は,大臀筋の筋力低下,腸腰筋(股関節屈筋群)の柔軟性の低下および腸骨大腿靭帯の拘縮等によって骨盤に対して前傾の力が発生し,腰部の伸展股関節の伸展が組み合わさり脊柱の前弯が増強します.

筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版より引用
筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版より引用

脊柱の前弯が増加することで,上部腰椎の下関節面が下部腰椎の上関節面に対して下方および後方に滑る.※下記の図参照

筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版より引用
筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版より引用

したがって,腰椎の過剰な伸展は,上部腰椎の下関節面先端が下部腰椎の上関節面を通り越して隣接する椎弓板に接触する(椎間関節および隣接領域の大きな損傷=腰痛).また,上下に隣接する棘間靭帯を圧縮することで腰痛の原因にもなる.

さらに,腰椎の伸展は椎間孔の直径を11%減少する脊髄神経根圧迫=脊柱管狭窄症(腰痛)

筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版より引用
筋骨格系のキネシオロジー 原著第3版より引用

予防方法

腸腰筋(股関節屈筋群)の柔軟性の向上大臀筋の強化になります.

これらが改善することで,骨盤の過度な前傾が治り腰椎の過伸展が修正され,結果として腰痛の改善になります.

大臀筋の強化法

https://note.mu/gsperformance/n/n570002a20419

https://www.youtube.com/watch?v=0XclKk3eoSA#action=share

腸腰筋のストレッチ方法

①上体は地面に対して直立位にさせ,両膝90°の片膝立ちにする.

②地面に膝がついている方のお尻に力を入れる※お尻に力が入っているのが分からない場合は手でお尻を触りながら行うと良い.

②補足:大臀筋の収縮(骨盤の後傾)が発生することで拮抗筋である腸腰筋がストレッチされる.

https://i1.wp.com/kawamorinaoki.jp/wp-content/uploads/2013/05/sports-training-correct-hip-flexor-stretch.jpg?zoom=2&w=654

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください