筋肉は何故発達するのか

今回は,筋発達について投稿していきたいと思います.

ウェイトトレーニングを行う事によって筋肉が肥大し,筋力も向上します.

しかし,なぜウェイトトレーニングを行うと筋肉が発達するのでしょうか.

筋発達の鍵はmTORC1の活性化

結論から先に言うと

ウェイトトレーニングを行う事でmTORC1を活性化し,ミオスタチンを減らすことによって筋肉を増やすからです.

ウェイトトレーニングによって筋肉が増えるということは,筋タンパクの合成が起こっているということです.

まず,ウェイトトレーニングによってIGF-1(インスリン様成長因子I)というホルモン様物質が増加します(MGFの増加).

これがIGF-1の受容体に結合すると,IRS1というタンパク質がチロシンリン酸化し,活性化します.IRS1が活性化すると,PI3Kという酵素を活性化します.

そしてPI3Kはaktという酵素を活性化し,aktはTSC2というタンパク質の働きを阻害し,RaptorからPRAS40を解離させます※TSC2やPRAS40はmTORC1の阻害因子.

その結果として,akt活性化により,mTORC1が活性化します※mTORはDNAの転写・翻訳といった細胞内外の環境情報を統合し,細胞の成長を調節するシグナル伝達経路です.

最終的には,mTORが活性化することにより,その下流にあるタンパク合成酵素(p70s6kや4E-BP1)のリン酸化が起こり,タンパク合成が始まります.

ちなみに,mTORが活性化していると,筋肉を分解してエネルギーを取り出そうとする「オートファジー」が抑制されます※オートファジーとはタンパク質を選択的に分解する回路のことを指します.

また,インスリンやテストステロンによってもPI3Kは活性化し,これらのホルモンもmTORC1を活性化させます.

ミオスタチンとは

人の体内には,タンパク質を重要な場所に使い,重要性の低いところ(筋肉)には配分しないようにする遺伝子があります.その働きを担った遺伝子が,「ミオスタチン」です.

つまり,ミオスタチンは筋肉を減らす遺伝子なのです.

ミオスタチンが増えると,mTORC1が抑制されます.そして筋タンパク合成が滞ります.またミオスタチンが増えると,SMAD2やSMAD3という遺伝子も活性化し,それがAtrogin1やMuRF1などの遺伝子を活性化します.

これにより,タンパク質の分解が亢進してしまいます.

しかし,ウェイトトレーニングの刺激はミオスタチンを減らすことがわかっています.

つまりウェイトトレーニングは「筋肉を減らすミオスタチンを減らす」ことからも,筋肉を増やすことができるのです.

さらにミオスタチンの下流にあるAtrogin1やMuRF1もトレーニングによって抑制することができるようです.

よってウェイトトレーニングが筋肉を発達させる結論は

ウェイトトレーニングを行う事でmTORC1を活性化し,ミオスタチンを減らすことによって筋肉を増やすからです.

最後までお読みいただきありがとうございます.

お仕事のお問い合わせはこちらまで⬇︎⬇︎

いいねやシェアしていただけると嬉しいです^ ^

参考文献

一部本文引用しています

Chronic Exercise Training Down-Regulates TNF-α and Atrogin-1/ MAFbx in Mouse Gastrocnemius Muscle Atrophy Induced by Hindlimb Unloading Acta Histochem Cytochem. 2012 Dec 26; 45( 6): 343–349.

Exercise training attenuates MuRF-1 expression in the skeletal muscle of patients with chronic heart failure independent of age: the randomized Leipzig Exercise Intervention in Chronic Heart Failure and Aging catabolism study. Circulation. 2012 Jun 5; 125( 22): 2716-27. doi: 10. 1161/ CIRCULATIONAHA. 111. 047381. Epub 2012 May 7.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください